【ツアー紹介】ついに決定 少人数で参加のチャンス 7/2発 インド アルナチャル・プラデシュ 青いケシウォッチング 11日間(お申込締切:5月2日)

ついに実現!あきらめていた青いケシについに対面 その美しさに酔う!

ツアー概要

アルナチャル・プラデシュはインドの奥地にもかかわらず道がきれいに整備され、平和そのものの場所です。まずはバナナの生える熱帯雨林を川沿いに行くと、湿気にはぐくまれた多くの着生植物が車窓から見え、季節がら樹木の花が多く咲いています。ディーランを過ぎると標高4,100mのセラ峠への本格的な登りで、ユリの仲間やロスコエアなどを楽しみ、森林限界を越えるころ、青いケシの仲間、黄色いパニクラータが出始めます。さらに進むと、大きなアザミの仲間、ツツジの仲間各種、大きなセンブリの仲間、黄緑色のメガコドン、プリムラ、エンゴサクの仲間など、次から次へと飽きません。天気がよければ眺望もよく、観察する青いケシは7種。シンプリキフォリアはほとんど終わりかけですが、そのほかはこれから咲き始める種類です。花が大きくて華やかな色合いのグランディス、小さくて人気のベラ、透き通る花弁が魅力的なシヌアータ、凛としたプライニアナ、紫のブロッチのあるルドロウィ、大柄なパニクラータ。一度に、そしてこんなにたくさんの青いケシを歩かずに見るのかと驚きです。ぜひ早いうちにお越しください。歩かないので高所検診の判定もそれほど厳しくありません。松本聡子(当社スタッフ)

全体が手のりサイズのメコノプシス・ベラも人気

全体が手のりサイズのメコノプシス・ベラも人気

花だけで手のひらいっぱいの大きさのメコノプシス・グランディス・オリエンタリス

花だけで手のひらいっぱいの大きさのメコノプシス・グランディス・オリエンタリス

国名 インド
旅行期間 2017年7月2日(日)~7月12日(水)
旅行代金 410,000円(東京発着)
1人部屋追加料金 52,000円(テント泊を除く)
同行講師 門田裕一氏(国立科学博物館名誉研究員)
最少催行人員 7人
食事 全食事付き(朝食9回・昼食8回・夕食9回)昼食は原則としてボックスランチになります。
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
参加者が10人以上になった場合、旅行代金を割り引いて400,000円とさせていただきます。
エア・インディア利用の場合、燃油サーチャージは不要(2016年11月15日現在)です。今後変更になる場合は旅行代金ご請求のさいにご案内いたします。
他空港発着の設定はありません。

スケジュール

日次 スケジュール
1 午前、東京発(飛行機)→インドの首都デリーへ。夕方、(飛行機)→デリー着。【デリー泊】
2 午前、デリー発(飛行機)→国内線で東のアルナチャル・プラデシュ州の玄関グワハティへ。午後、グワハティ発(バス)→水田とヤシ林の田園風景の中を走り、大河ブラマプトラのほとりのテズプールへ。【テズプール泊】
3 朝、テズプール発(バス)→モンパ民族の一つの中心地ディーランへ。熱帯雨林を車窓から楽しみます。夕方、(バス)→ディーラン(標高1,600m)着。【ディーラン泊】
4 朝、ディーラン発(バス)→急な坂道を登り、セラ峠(標高4,100m)着。周辺で高山植物を探しながら、しばらく高地順応をします。夕方、セラ峠発(バス)→シャングリラ(標高3,100m)まで下り、一泊して体を慣らします。【シャングリラ(テント泊)泊】
5 朝、シャングリラ発(バス)→昨日の道をたどり、セラ峠経由、バンガジャンへ。途中、早くも青いケシの仲間を撮影し、プリムラも4種ほど観察予定。午後、(バス)→バンガジャン(標高4,100m)着。車を降りると目の前にテントが並んでいます。【バンガジャン(テント泊)泊】
6 終日、(徒歩)→目の前の山道を15分も登ると、そこには憧れの青いケシ、メコノプシス・グランディスが群れ咲く場所が広がります。花弁の色が変化し、じつに見事です。この場所で終日、青いケシを撮影します。【バンガジャン(テント泊)泊】
7 朝、バンガジャン発(バス)→セラ峠までの道の随所で車を止め、超小型の青いケシ、メコノプシス・ルドロウィ、岩につく青いベラ、またシヌアータの薄い青色の花弁も堪能。セラ峠、シャングリラ経由、ディーランへ。夕方、(バス)→ディーラン着。【ディーラン泊】
8 朝、ディーラン発(バス)→一日かけてゆっくり下ります。次第に周囲の植物が変化します。夜、(バス)→テズプール着。【テズプール泊】
9 朝、テズプール発(バス)→グワハティへ。インド平原の独特の水田風景も楽しみです。午後、(バス)→グワハティ着。【グワハティ泊】
10 午前、川の対岸の農村で、最後のフラワーウォッチング。午後、テズプール発(飛行機)→国内線でデリーへ。夜、デリー発(飛行機)→国際線に乗り換えて、夜行便で日本へ。【機内泊】
11 朝、(飛行機)→東京着。解散。

備考

注)
テント泊は1人1テントになります。ホテルは2人部屋が原則ですが、追加料金で1人部屋を使用できます。
注)
寝袋とダッフルバッグは有料レンタルを承ります。
現地及び航空会社等の都合によりスケジュールが変更になる場合がありますのでご了承ください。
ビザ:インド。(アルナチャル・プラデシュ入域許可も必要)
パスポート残存期間:ビザ申請時6ヵ月以上/空白の査証欄が2ページ以上。
ツアーリーダー:同行しません。現地トレッキングスタッフが同行します。
日本発着利用航空会社:エア・インディア、全日本空輸、または日本航空。
標高3,000メートル以上の高所が目的地に含まれ、高度障害が起こる可能性があります。「高所ツアーへのご参加にあたって」をご覧ください。
標高3,800メートル以上の高所に宿泊するため、事前に当社指定の高所検診の受診が必要です。「高所ツアーへのご参加にあたって」をご覧ください。
インドはビザの取得に時間がかかります。5月以降に海外へお出かけの方は、4月より準備が必要です。お早めにお申込みください。
インドビザの取得にはEチケットのコピーが必要です。ビザ取得手続き開始後のキャンセルにつきましては、ビザの取得にかかった諸費用(ビザ代、申請手数料、航空券の発券後の解約手数料)をお支払いいただきます。
お申込締切:5月2日(火)

ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る