【催行決定!】6/29発 カナダ東部ニューファンドランド島 ネイチャーツアー 8日間

(写真)ここの繁殖地のすごさは見ないとわかりません これほぼ全部がニシツノメドリ

パフィンの群れ クジラ 氷山 花 そして太古の地球に出会う旅

ツアー概要

カナダ東部の大西洋側に位置する、ニューファンドランド島のネイチャーツアーです。季節の到来が例年どおりなら、鳥も花もいい時期。そしてクジラも、シシャモの回遊に合わせてやってきています。鳥は、ニシツノメドリとシロカツオドリの大繁殖地を訪れ、観察します。空がかすむくらい、また、遠くの岩が白くなるくらいの圧倒的な数でいますので、誰でもよく観察できるでしょう。世界遺産のグロスモーン国立公園では、花の観察・撮影を楽しみます。湿地帯(ボグ)への植物観察では、普通では足を踏み入れることのできない環境に入ります。フィヨルド観光船に乗り、氷河の削ったダイナミックな景色も眺めます。地質学的に興味深い場所も数ヵ所訪れます。昨年は、毎日の食事、特に海の幸が美味しいと大好評でした。
この島への飛行機の席の確保は、普通にはできません。また、現地の宿も限られているため、ツアー申込み締切日を設定しています。バスの座席の都合上、締切日前に満席になる場合もありますので、お早めのお申込みをおすすめしますが、ゆきたい方は、遅くとも5月11日までにお申込みください。鳥・花・自然全般と、とてもバランスよいツアーです。

■おすすめポイント

1.海鳥の繁殖地を2ヵ所訪れ、パフィンやシロカツオドリの大群に遭遇。
2.世界遺産のグロスモーン国立公園を訪れ、植物観察。
3.地質学的に興味深い場所、グリーンポイントとテーブルランド訪問。

黄色いラン イエローレディーズスリッパ-

繁殖地のニシツノメドリ

ウェスタンブルックポンドのフィヨルドクルーズ

国名 カナダ
旅行期間 2017年6月29日(木)~7月6日(木)
旅行代金 654,000円(東京発着)
1人部屋追加料金 88,000円
同行ツアーリーダー 日比 彰(当社スタッフ) ※現地日本語ガイドが同行。
最少催行人員 7人
食事 全食事付き(朝食6回・昼食5回・夕食5回)※昼食は原則としてボックスランチになります)。
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
燃油サーチャージ(合計約7,000円:2017年2月21日現在)が別途必要です。今後変更になる場合は旅行代金ご請求のさいにご案内いたします。

スケジュール

日次 スケジュール
1 夕方、東京・羽田発(飛行機)→カナダのトロントへ。日付変更線通過。夕方、(飛行機)→トロント着。飛行機を乗り継いでニューファンドランド島の州都セントジョンズへ。未明、(飛行機)→セントジョンズ着後、(バス)→ホテルへ。 【セントジョンズ泊】
2 午前、(バス)→シグナルヒルでハクトウワシや花を観察。午後、(バス)→ウィットレス湾自然保護区へ。J船上からパフィンやウミガラスの繁殖地を観察。シシャモの到来次第で、ザトウクジラの観察チャンス。夕方、下船後、(バス)→セントブライドまで移動。夜、(バス)→宿に到着。 【セントブライド泊】
3 午前、(バス)→ケープセントメアリーズ自然保護区を訪れ、シロカツオドリの大繁殖地へ。午後、(バス)→観察後、一路、スプリングデールへ移動。途中、海を流れる氷山のチャンスがある場所に立ち寄り。夕方、(バス)→宿に到着。 【スプリングデール泊】
4 午前、(バス)→世界遺産のグロスモーン国立公園へ移動。到着後、ピンクと白のアツモリソウのポイントを訪れてトレイルを歩きながら植物観察。その後(バス)→テーブルランドの裾野に移動し、特殊な環境の植物も合わせて観察し、夕方、(バス)→ロッキーハーバー着。 【ロッキーハーバー泊】
5 午前、(バス)→北上し、ポートオシュアを訪れで黄色のアツモリソウや石灰岩地帯に咲く植物の観察。夕方、(バス)→ロッキーハーバーに戻り、湿地帯(ボグ)で長靴をはいて植物観察と散策を。 【ロッキーハーバー泊】
6 午前、(バス)→ ウェスタンブルックポンド船着き場まで花を見ながら散策し、J湖で船上から、美しいフィヨルドの景観を楽しみます。夕方、(バス)→地質学的に必見の地層、グリーンポイントを訪問して、(バス)→宿に戻ります。 【ロッキーハーバー泊】
早朝、(バス)→空港へ。ディアレーク発(飛行機)→トロントへ。午後、トロント発(飛行機)→日本へ向かいます。日付変更線通過 。 【機内泊】
午後、(飛行機)→東京・羽田着。解散。

備考

湿地帯(ボグ)での観察には長靴が必要です。
現地及び航空会社等の都合によりスケジュールが変更になる場合がありますのでご了承ください。

● ビザ:カナダ。

● パスポート残存期間:カナダ出国日+1日以上。

● 日本発着利用航空会社:エア・カナダ。

ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る