【ツアー紹介】★申込み受付終了しました。★3/26発 トルコ アンタルヤ地方 早春のフラワーウォッチング 8日間

球根植物の本場で春の花を満喫 花数と種類の多さに驚き!

ツアー概要

トルコはいわずと知れたチューリップを代表する球根植物の国です。今回は、雪解けとともに、いっせいに咲く花々を見に出かけます。まずは、スノードロップです。雪の雫しずくのような愛らしい花は、ヨーロッパでも日本でも愛好家が多く、個人の庭や公園に植えられています。しかし、実際に野外で自然状態の花を見ることはかなり難しいものです。野生では現在18種ほど確認されていますが、トルコで見られるのはその代表種ガランサス・エルウェシーです。花が大ぶりで見ごたえ抜群。秘密の場所にご案内し、石灰岩の岩場一面に咲くスノードロップの花を心ゆくまで楽しんでいただこうと思っています。今回訪れるトルコ南岸地域は、春は暖かですが、少し山に入ると思いがけず雪の豊富な山岳地帯が現れます。雪の解けた山の斜面には、日本のセツブンソウの近縁種で南ヨーロッパに多い黄金色のエランティスと、クロッカス・イサウリクスが渾然一体となって咲いています。雪が消えると消えてしまうため、春の一瞬にだけ見られる特別な景色といえるでしょう。また、トルコのクロッカスは、種類の多さで軍を抜いていますが、なかでも1,2を争う美しい種がクロッカス・ベイトッピオルムです。ほんのり青みがかった花は、春の宝石と呼ぶにふさわしい輝きを放ちます。こちらもとっておきの場所をご案内します。このほか、スミレやオーニソガラム、ピンクのコルチカム、チューリップに加え、アイリス、シクラメンと春のトルコで出会える花を挙げればきりがありません。ぜひ、その目で花たちの競演をご覧ください! 加藤淳子(当社スタッフ)

クロッカス・ベイトッピオルム。特産種の多いトルコのクロッカスの中でも特に美しい。

クロッカス・ベイトッピオルム。特産種の多いトルコのクロッカスの中でも特に美しい。

雪の雫を思わせるスノードロップ(ガランサス・エルウェシー)と紫色のクロッカス

雪の雫を思わせるスノードロップ(ガランサス・エルウェシー)と紫色のクロッカス

乾燥地の岩場に生えるムスカリ・マクロカルプス

乾燥地の岩場に生えるムスカリ・マクロカルプス

 

国名 トルコ
旅行期間 2016年3月26日(土)~4月2日(土)
旅行代金 498,000円(東京発着) 他空港発着の設定はありません。
1人部屋追加料金 42,000円
同行講師 月江成人(専任講師)
最少催行人員 7人
食事 食事 朝食6回・昼食6回・夕食5回 ※昼食は原則としてボックスランチになります。
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
参加人数が10人以上になった場合、旅行代金を割り引いて478,000円とさせていただきます。
燃油サーチャージ(合計約30,000円:2015年10月5日現在)が別途必要です。今後変更になる場合は旅行代金ご請求のさいにご案内いたします。

スケジュール

日次 スケジュール
1 午後、東京発(飛行機)→イスタンブールへ。(飛行機)→国内線に乗り継ぎダラマンへ。夜、(飛行機)→ダラマン着後、(バス)→専用車で海辺の町、フェティエへ。 【フェティエ泊】
2 終日、(バス)→標高の低いところでオフリスランなど地中海性の花を探します。その後、近郊の山を車で登りながら、香り高いステルンベルギア・カンディダとキオノドクサ、シクラメン、黄色いフリティラリアを探します。 【フェティエ泊】
3 朝、フェティエ発(バス)→東のアランヤに向かいます。途中の峠で憧れのクロッカス・ベイトッピオルムと新種記載されたばかりの黄色いヴィオラ・ディリリムリエンシスを探します。夜、(バス)→アランヤ着。 【アランヤ泊】
4 朝、アランヤ発(バス)→記載されたばかりのチューリップを探します。ほかに黄色いクロッカスやアネモネ、スミレなど盛りだくさんの一日。夜、(バス)→タシシケント着。 【タシケント泊】
5 朝、タシケント発(バス)→アクセキまで移動し、途中でフラワーウォッチング。アイリスやコルチカムに夢中になる一日。 【アクセキ泊】
6 終日、(バス)→トルコ南部の一番の花の名所でスノードロップやコルチカム、紫色のクロッカス、セツブンソウの仲間など春の花を楽しみます。 【アクセキ泊】
7 朝、アクセキ発(バス)→アンタルヤへ。春の象徴アネモネ・コロナリアのほか、イリスも3種ほど期待できます。到着時間次第で、少し買い物をします。夜、アンタルヤ発(飛行機)→イスタンブールへ。イスタンブール発(飛行機)→夜行便で日本へ。 【機内泊】
8 夕方、(飛行機)→東京着。解散。

備考

注)
天候その他の都合で、観察地や観光する順番が変わることがあります。
注)
トルコの田舎はバスタブがなくシャワーだけのことが多いので、ご了解ください。
現地及び航空会社等の都合によりスケジュールが変更になる場合がありますのでご了承ください。
ビザ:不要。
パスポート残存期間:トルコ入国時6ヵ月以上/空白の査証欄が入国時見開き2ページ以上。
ツアーリーダー:講師が兼任します。現地ボタニカルガイドが同行します。
日本発着利用航空会社:ターキッシュエアラインズ、日本航空、全日本空輸、大韓航空、アリタリア航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザドイツ航空、シンガポール航空、マレーシア航空、タイ国際航空、またはキャセイパシフィック航空。

お問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る