【ツアー報告】5年ぶりに初夏のウラジオストックに行ってきました

写真:モンゴリナラの林床に生えるカラフトアツモリソウ

私が最初に訪れたのは15年前。その後何回か行っていましたが、APECが開催されてから初めて訪問しました。空港も町の様子もきれいになり、物資も豊富になったようで、買い物も便利になりましたし、おいしいコーヒーが飲める店も増えました。海を渡る橋も高速道路も増えていて、今後島への新しいルート開発も期待できそうです。
今回は花の咲き進みがちぐはぐと言われましたが、アツモリソウの花にはちょうどよい時期でした。前回5年前に比べて遷移が進み、湿地が草原に、雑木林や草原にはハギが多く生えて、各地で花の種類と見られる量が違っていたので、やはりボタニカルガイドなしではできないツアーだと実感して帰ってきました。
8月のツアーは残念ながら今年は実施されませんが、現地でも新しい道路のために切り開かれた、キキョウの咲きそうなところをいっぱい見たので、遷移が進まない早いうちに再訪の機会を作ろうと思います! (松本聡子)

白いアツモリソウ 個体数も多くご参加者も驚嘆していました

ヒメユリは斜面の途中にありました

道端でも見られたカキツバタ

関連記事

ページ上部へ戻る