【催行決定 お問合せください】3/3発 イスラエル 春のフラワーウォッチング 9日間

夢にまで見た憧れの花の王国 赤 白 紫 黄 想像を超える色鮮やかさに驚愕

ツアー概要

何度もイスラエルに行きましたが、期待を裏切られたことはありません。アフリカとアジアの中間でヨーロッパの近くに位置しながら、そのどの地域とも違うこの国の花の魅力は、言葉では説明しきれない不思議さがあります。アイリス、シクラメン、オフリス、チューリップ、「花の主役」がたくさんいる、いわば理想的な花の国であったのに、政治的・民族的な紛争で、ツアーを中断せざるを得ない期間もありました。「行かれる時に行きましょう」とお誘いするゆえんです。本ツアーは現地の植物園に勤務するボタニカルガイドと手配会社に状況を確認しながら進めています。現地事情は常に流動的で、もちろん危ない状況になればこちらからツアーを中止しますので、まずはお申込みくださいますようお願いします。イスラエルでは沿岸の地中海性気候から内陸に行くにしたがってどんどん乾燥が激しくなり、ついには「荒野」といわれる砂漠になります。移行地帯ではときに黄色やピンクのアブラナ科の植物が花畑になり、見どころの一つです。アネモネ・コロナリアは赤、白、青、紫、ピンク、さまざまな色合いで野を飾ります。フリティラリアも、黒いアイリスも早くから咲きます。花に囲まれた国へ、いつでも行かれるように、本当の平和が訪れることを願わずにはいられませんが、まず、今のうちに行っておきましょう。今年はチャンスです!

ギョリュウ属に寄生するキスタンシェ・トウブロサ

アネモネ・コロナリアの大群落 半砂漠植生はときに花畑になる(すべての写真撮影:冨山稔)

チューリップ・アゲネンシスチュ-リップはほかにも観察のチャンスあり

シクラメン・ペルシクム 岩や林下に群れ咲く

国名 イスラエル
旅行期間 2018年3月3日(土)~3月11日(日)
旅行代金 498,000円(東京発着)
1人部屋追加料金 105,000円
同行講師 松本聡子(当社スタッフ)
最少催行人員 7人
食事 全食事付き(朝食7回・昼食7回・夕食7回)昼食は原則としてボックスランチになります。
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
参加者が10人以上になった場合、旅行代金を割り引いて478,000円(東京)とさせていただきます。
燃油サーチャージ(合計約7,000円:2017年10月15日現在)が別途必要です。今後変更になる場合は旅行代金ご請求のさいにご案内いたします。
大阪・名古屋・福岡の各空港発着も設定があります。ただし旅行代金等が変わります。お問い合せください。

スケジュール

日次 スケジュール
1 夕方、東京発(飛行機)→韓国ソウルへ。ソウルで各地からのご参加者と合流し、(飛行機)→イスラエルの玄関、テルアビブへ。夜、(飛行機)→テルアビブ着。【機内泊】
2 午前、テルアビブ発(バス)→地中海沿岸の保護区や北部ネゲブ砂漠を通って南へ向かいます。大型のイリス・アトロプルプレア、赤いアネモネ群落やチューリップなど、比較的湿潤で緑が多く、印象的な地。夕方、(バス)→ゼーリムまたはベエルシェバ着。【ゼーリムまたはベエルシェバ泊】
3 午前、ホテル発(バス)→ネゲブ砂漠の北部とネゲブ高原へ。途中、愛らしいフリティラリア・ペルシカ、赤いチューリップ・シストラや砂漠に咲くアイリスを探し、思いがけない砂漠の花が盛りだくさんで夢中になります。夕方、(バス)→ミツペラモンへ。【ミツペラモン泊】
4 午前、ミツペラモン発(バス)→引き続きネゲブ高原からスタート、アラバ、死海をめぐります。キク科のアンテミス、ウンランの仲間のほか、塩分に耐えて咲く花を見たあと、夕方、(バス)→死海周辺着。浮遊体験も楽しみます。【死海周辺泊】
5 朝、死海周辺発(バス)→世界遺産のマサダ観光ののち進路を北にとり、ヨルダン渓谷へ。赤や小型のラヌンクルス、色鮮やかなキスタンシェにも歓声が上がります。夕方、(バス)→湖畔のティベリア着。【ティベリア泊】
6 終日、(バス)→周辺で、ランや濃いピンクのアネモネ、青いルピナスを楽しみます。ランチは聖書で奇跡の魚として有名な、一番人気のセント・ピーターズ・フィッシュです。【ティベリア泊】
7 午前、ティベリア発(バス)→メロン山自然保護区でランやマンテマなどを見たのち、世界遺産のアッコ観光と旧市街でランチ。午後、(バス)→イリス、アリウム、赤いチューリップなど、イスラエルの花の豊かさを再確認。夕方、(バス)→ナザレまたはハイファ着。【ナザレまたはハイファ泊】
8 朝、ホテル発(バス)→盛りだくさんで最後まで気が抜けません。迫力のイリス、赤いアドニス、オノスマやランを見て、貴重なシラー・キリキカを探したあと、移動します。夕食後、夜、テルアビブ発(飛行機)→国際線で日本へ向かいます。【機内泊】
9 午後、(飛行機)→ソウル着。夕方、ソウル発(飛行機)→日本へ向かいます。夜、(飛行機)→各地着。解散。

備考

注)
死海浮遊のために、水着とサンダルをお持ちください。
現地及び航空会社等の都合によりスケジュールが変更になる場合がありますのでご了承ください。
学習研究社発行「世界のワイルドフラワー」第1巻130~151ページをご参照ください。
ビザ:不要。
パスポート残存期間:イスラエル入国時6ヵ月以上/空白の査証欄が2ページ以上。
ツアーリーダー:講師が兼任します。現地ボタニカルガイドが同行します。
日本発着利用航空会社:大韓航空、ウズベキスタン航空、日本航空、全日本空輸、アリタリア航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空、フィンランド航空、ブリティッシュエアウェイズ、スカンジナビア航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、またはスイスインターナショナルエアライン。

ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る