【ツアー報告】8月の西オーストラリア リースレシュノルティアに興奮

写真:延々と続くリースレシュノルティアの花輪

8月24日出発「西オーストラリア リースレシュノルティアとランウォッチング 6日間」 ツアー報告

実施を決める前、ボタニカルガイドのアンドリュー先生から今年は雨が少ないからリースレシュノルティアが見られないかもしれないと言われました。そのうえ出発便が香港の台風の影響を受けて遅れ、別便でメルボルンを経由することとなってしまい、短いツアーなのに受難の出発でした。少雨のために開花が遅れてまだ蕾の種類もありましたが、ところによりエバーラスティングが咲く様子を楽しみ、ランの花を探したり、アリ塚を見たり、鳥はとにかくオウム類が目立ち、モモイロインコをこんなに見たのも初めてだったのではないでしょうか。結局リースレシュノルティアは1ヵ所だけでしたが、道の両側、約100メートルにわたって、たくさんの円い輪となって迎えてくれる感激の対面となりました。 (松本聡子)

かさかさとしたキク科のエバーラスティング

カウスリップとピンクフェアリーオーキッドの雑種

関連記事

ページ上部へ戻る