【催行決定です!】9月5日発 花の入笠山とエンビセンノウ咲く小さな湿原2日間

▲エンビセンノウ(撮影=久志博信氏)

ツアー概要

ゴンドラリフトを使って南アルプスの南端にある入笠山へ。エゾリンドウやサワギキョウ、ウメバチソウが群生する入笠山で湿原の植物観察を満喫。マツムシソウ、ゴマナ、タムラソウ、ワレモコウも満開です。普段は非公開のエンビセンノウが咲く特別な場所を、今回、特別に公開していただき、エンビセンノウの他にアサマフウロやタチフウロ、アケボノソウ、さらに植栽ですがレンゲショウマも存分に観察していただく予定です。最後は霧ヶ峰の八島湿原でも植物観察を楽しむ予定です。

【行程】

9月5日(木) 新宿西口工学院大学そば7時30分頃集合。

新宿から専用車で富士見へ。ゴンドラで入笠山へ上がり秋の植物観察を楽しみます。

(夕)諏訪市泊

9月6日(金) エンビセンノウやアサマフウロを楽しめる小さな湿原へ。八島湿原でも植物観察を楽しんだ後、新宿へ。新宿19時00分頃着。解散。

(朝・昼)

 

エリア 長野県
旅行期間 2019年9月5日(木)~9月6日(金)
集合・解散 新宿西口工学院大学そば
旅行代金 56,000円
1人部屋追加料金 お問い合わせ下さい。
同行講師 久志博信氏(山野草研究家)
ツアーリーダー 新宿から新宿まで同行
最少催行人数 15名
食事 朝1回、昼1回、夕1回
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
体力の目安 アップダウンが多少あるが、楽なコース。
野外滞在時間の目安 3時間以上野外で過ごす日があります。野外で必要な荷物はすべて持って歩きます。

備考 利用予定バス会社リストはこちら

 

【花の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る