【海外の花 お薦め企画】北半球は夏から秋へ そして熱帯地域も訪問のチャンス

写真:チンボラソ山腹のゲンチアネラ・ケラスティオイデス(エクアドル)

このチャンスを逃さず 新しい世界へ出かけましょう!


縞が美しいテリポゴン・パピリオ(エクアドル)

【久々に出発!!  南米入門ツアー】決定しました!

赤道直下でも標高があってそれほど暑くはありませんボタニカルガイドが熱心なうえに現地の手配も信頼がおけるので、治安も花のことも心配はいりません。観察は車のそばばかりで、さまざまな花が身近に見られることに驚きます。ラン以外のヘリコニア、ティランジア、カルセオラリアなど、南米らしい植物も楽しみです。。

《エクアドルアンデス 最高峰チンボラソ山とランウォッチング 9日間》

■日程:2019年9月9日(月)~9月17日(火)
■同行講師:松本聡子(当社スタッフ)
■旅行代金:540,000円(東京発着)
ツアー詳細はこちら


斜面に咲くステルンべルギア・ルテア

【こちらも決定! 秋の北半球 たくさんの花とのんびり】

秋咲きのクロッカスは花壇とは違う大きさと美しさでそれぞれに存在感があって、まるで違う花のように生き生きとしています。シクラメンは種類によって、それぞれ得意な場所を彩り、さらに秋のギリシャの主役ともいうべき黄色いステルンべルギアは、青い空にきりっとしたアクセントになります。花の大きな秋咲きのスノードロップ、2種のスイセン、状況次第でアヤメの仲間も見られる意外性と美しさ、とにかく盛りだくさんです。

《秋たけなわのギリシャ シクラメンとクロッカスウォッチング 8日間》

■日程:2019年10月30日(水)~11月6日(水)
■同行講師:松本聡子(当社スタッフ)
■旅行代金:498,000円(東京発着)
ツアー詳細はこちら


胡蝶蘭の仲間ファレノプシス・プルケリマ

【ペットさんもますます張り切って、皆さまをお待ちしています】

プールアン野生生物保護区は10月30日まで植生回復のために閉鎖されるため、下見がずれこみ、10月のツアーは10/31発に変更します。10月はマメヅタランの仲間やラン以外の花も面白い時期。11月はパフィオペディルム・ヴィロスムと白いトキソウの仲間が圧倒的な主役、3月はデンドロビウムとシャクナゲが見ごたえあります。時期を変え、講師を変え、新たな発見をお楽しみに。

《タイ ランウォッチング 6日間》

■日程と同行講師:

A.2019年10月31日(木)~11月5日(火) 松本聡子(当社スタッフ)同行予定<発着日・講師変更>
B.2019年11月27日(水)~12月2日(月) 月江成人氏(専任講師)同行<講師変更>
C.2020年3月4日(水)~3月9日(月) 多田多恵子氏(植物生態学者)とツアーリーダー同行

■旅行代金:いずれも338,000円(東京発着) ※他空港はお問い合せください
ツアー詳細はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る