【催行決定間近!】2月17日発 バイカオウレン大群生とシコクフクジュソウ 3日間

▲バイカオウレン(撮影=いがりまさし氏)

ツアー概要

南国土佐で、光に春の気配を感じ取って咲く花を訪ねます。一つ目は牧野富太郎が愛したといわれるバイカオウレン。垂直分布が広く本州中部の亜高山帯では6月頃に咲きますが、高知県の低地では2月中旬にピークを迎えます。里山の杉林の林床一面を埋める群落は、特筆に値する植物景観です。もう一つはシコクフクジュソウです。フクジュソウ、キタミフクジュソウ、ミチノクフクジュソウについで、国内では4番目に認識された新しいフクジュソウです。もちろん牧野植物園も訪ねます。早春の土佐路で牧野富太郎ゆかりの植物を愛でる旅はいかがでしょうか。

【行程】

2月17日(月) 羽田空港10時15分頃集合。

東京発、高知へ。佐川町へと移動して植物観察・撮影を楽しみます。

(夕)伊野泊

2月18日(火) バイカオウレンの群生地で植物観察・撮影を楽しみます。その後、牧野植物園へ

移動し、植物観察・撮影を楽しみます。

(朝・昼・夕)伊野泊

2月19日(水) 大豊町でシコクフクジュソウの観察・撮影を楽しみます。

高知から東京へ。東京19時30分頃着。解散。

(朝・昼)

 

エリア 高知県
旅行期間 2020年2月17日(月)~2月19日(水)
集合・解散 羽田空港
旅行代金 136,000円
1人部屋追加料金 お問い合わせ下さい。
同行講師 いがりまさし氏(植物写真家)
ツアーリーダー 羽田空港からから羽田空港まで同行
最少催行人数 15名
食事 朝2回、昼2回、夕2回
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
体力の目安 アップダウンが多少あるが、楽なコース。
野外滞在時間の目安 3時間以上野外で過ごす日があります。野外で必要な荷物はすべて持って歩きます。

備考 利用予定バス会社リストはこちら

 

【花の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る