【募集中】12月14日発 〈野外講座〉東京薬用植物園 日帰り

▲サンシュユの果実(撮影=山崎厚氏)

ツアー概要

花の少ない時期は植物を利用した文化を学ぶには良い季節です。東京都薬用植物園には多くの薬用植物や役に立つ植物が植えられ、いつでも観察でき、温室には重要な植物がぎっしりと植えられています。漢方薬や生薬と薬用植物との関係も簡単にですがお話しします。医薬品や有毒植物、さらに誤解されることが多い食品との違いも説明したいと思います。本館の中の資料室も見学します。生薬の標本がたくさん展示されています。薬用植物にまつわる最近の話題提供も興味深いところです。

【行程】

12月16日(水) 東京薬用植物園10時00分頃集合予定。

東京薬用植物園にて薬用植物や役に立つ植物を観察します。温室や資料室も見学します。

東京薬用植物園15時00分頃解散予定。

 

エリア 東京都
旅行期間 12月16日(水) 日帰り
集合・解散 東京薬用植物園集合・解散
旅行代金 4,000円
1人部屋追加料金
同行講師 山崎厚氏(日本植物友の会講師)
ツアーリーダー 集合から解散まで同行
最少催行人数 15名
食事 なし
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
体力の目安 最も楽なコース。アップダウンが少ない道を歩く。
野外滞在時間の目安 1~3時間(半日)程度。水や雨具などを持って歩きます。

備考 利用予定バス会社リストはこちら

特にありません。

【花の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る