【募集中】7月22日発 夏の軽井沢 高原の花 日帰り

▲フシグロセンノウ(撮影=天野和彦)

ツアー概要

夏の盛りに避暑地の軽井沢で楽しむ植物観察の旅です。今年は日帰りでご案内します。軽井沢は太平洋型気候の植物の北限地です。日本では軽井沢の他には一部の地域でしか見られない大陸要素の珍しい植物や、軽井沢という立地条件や高原という気候のおかげで、貴重な植物が発見されたりもしている場所です。ウツボグサ、シモツケソウ、ヤマホタルブクロ、クガイソウ、コオニユリ、アサマフウロ、オオバギボウシ、オタカラコウ、メタカラコウ、アヤメ、カワラナデシコ、フシグロセンノウ、軽井沢植物園ではコメツツジ、ナツツバキ、シャクジョウソウ、ホザキシモツケ、マンセンカラマツ、ミヤコワスレ、ヤワタソウなど、爽やかな空気の中で植物観察のひとときを楽しみましょう。

【行程】

7月22日(水) 新宿西口エスティックビル前(工学院大学となり) 7時30分頃予定。

軽井沢周辺で植物観察を楽しみます。

新宿西口19時00分頃着。解散予定。

 

エリア 長野県
旅行期間 2020年7月22日(水) 日帰り
集合・解散 新宿西口エスティックビル前(工学院大学となり)
旅行代金 22,000円
1人部屋追加料金
同行講師 山田隆彦氏(日本植物友の会副会長)
ツアーリーダー 新宿から新宿まで同行
最少催行人数 15名
食事 なし
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
体力の目安 最も楽なコース。アップダウンが少ない道を歩く。
野外滞在時間の目安 1~3時間(半日)程度。水や雨具などを持って歩きます。

備考 利用予定バス会社リストはこちら

特にありません。

【花の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る