【募集中】7月7日発 奥入瀬渓谷と花の渚・種差海岸を訪ねて 2日間

▲エゾオグルマ(撮影=山崎厚氏)

ツアー概要

初日に訪れる十和田湖の東にある奥入瀬渓谷は鬱蒼とした温帯の森で、カエデ類、カツラ、トチノキ、シナノキなどの様々な樹木が観察出来ます。種差海岸は青森県東南部、三陸の北端に位置し、美しい花が多く花好きにはもってこいの場所です。前日に訪れた奥入瀬の濃緑色の林と種差の明るい爽やかな海岸との対象には驚かれることでしょう。種差は夏場に北東からのヤマセといわれる冷涼な風が吹きます。それが、この海岸に多くの北方系の植物が分布する理由です。風光明媚な海岸美と咲き乱れる花々を楽しみましょう。

【行程】

7月7日(火) JR東京駅8時30分頃集合予定。

東北新幹線で八戸へ。

奥入瀬渓谷で植物観察を楽しみます。

(夕) 八戸泊

7月8日(水) 種差海岸で植物観察を楽しみます。

東北新幹線で東京へ。

JR東京駅19時00分頃着。解散予定。

(朝・昼)

 

エリア 青森県
旅行期間 2020年7月7日(火)~7月8日(水)
集合・解散 JR東京駅集合・解散
旅行代金 104,000円
1人部屋追加料金 お問い合わせ下さい。
同行講師 山崎厚氏(日本植物友の会講師)
ツアーリーダー JR東京駅からからJR東京駅まで同行
最少催行人数 15名
食事 朝1回、昼1回、夕1回
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
体力の目安 アップダウンが多少あるが、楽なコース。
野外滞在時間の目安 3時間以上野外で過ごす日があります。野外で必要な荷物はすべて持って歩きます。

備考 利用予定バス会社リストはこちら

 

【花の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る