【募集中】9月27日発 錦秋の北海道 大雪山の紅葉とアッケシソウを巡る旅 3日間

▲真っ赤に染まるアッケシソウ(撮影=天野和彦)

ツアー概要

北海道最高峰の旭岳の山麓にある姿見高原で新雪の旭岳と紅葉を楽しんだ後、層雲峡へ。翌日は銀泉台から登山道を散策し、日本一と言われる紅葉を堪能します。赤色や橙色、黄色に染め上げられ、針葉樹の緑色との色合いの違いが幾重にも重なり見事な絵巻を演出しています。紅葉を楽しんだ後は一路オホーツクへ。オホーツク海沿いのサロマ湖畔を何カ所か訪ねて、浜辺を真っ赤に染めるアッケシソウ(サンゴソウ)やムラサキベンケイソウ、ナミキソウ、ハマナスの花や赤い実を観察します。

【行程】

9月27日(日) 羽田空港9時15分頃集合予定。

東京発、旭川へ。

旭岳山麓の姿見高原で紅葉の植物観察を楽しみます。

(夕) 層雲峡泊

9月28日(月) 銀泉台から登山道を散策し、大雪山の紅葉を楽しみます。

(朝・昼・夕) サロマ湖畔泊

9月29日(金) アッケシソウの群生地などを巡り、植物観察を楽しみます。

女満別発、東京へ。

羽田空港20時30分頃着。解散予定。

(朝・昼)

 

エリア 北海道
旅行期間 2020年9月27日(日)~9月29日(火)
集合・解散 羽田空港集合・解散
旅行代金 144,000円
1人部屋追加料金 お問い合わせ下さい。
同行講師 久志博信氏(山野草研究家)
ツアーリーダー 羽田空港からから羽田空港まで同行
最少催行人数 15名
食事 朝2回、昼2回、夕2回
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
体力の目安 低山ハイキング程度。半日程度の山道を歩く日がある。標高差は300m前後。足場の悪いところが少しある程度。
野外滞在時間の目安 3時間以上野外で過ごす日があります。野外で必要な荷物はすべて持って歩きます。

備考 利用予定バス会社リストはこちら

 

【花の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る