【募集中】10月19日発 新潟の里山 秋色の野草植物観察・撮影 3日間

▲ユウガギクとムラサキエノコロ(撮影=いがりまさし氏)

ツアー概要

新潟の里山で撮影を軸にしたツアーの「秋」版です。秋の野草はそれほど顕著な雪国植物があるわけではありませんが、同じ種でも小さな盆地的な地形が多く一日の寒暖差があり、秋の野草は草紅葉になりながらまだまだ花を咲かせます。この時期の寒暖差は雲海や美しい朝霧をよび、年によっては初霜に出会える可能性もあります。急峻な棚田は撮影には好都合。風景的に撮るにせよバックをボカすにせよ、名脇役になってくれます。ノコンギク、ミゾソバ、ススキ、ノブドウ、リンドウ、クロバナノヒキオコシなど山間の棚田に朝日が差し込むと、野草たちが一級の被写体として輝きはじめます。まさに「はらっぱの錬金術」を学ぶのに絶好のフィールドです。

【行程】

10月19日(月) 新宿西口エスティックビル前7時30分頃集合予定。

新宿発、新潟の魚沼地方へ。魚沼から十日町方面で植物観察・撮影を

楽しみます。

(夕) 十日町市泊

10月20日(火) 魚沼から十日町方面で植物観察・撮影を楽しみます。

(朝・昼・夕)十日町市泊

10月21日(水) 魚沼から十日町方面で植物観察・撮影を楽しみます。

新宿西口19時00分頃着。解散予定。

(朝・昼)

 

エリア 新潟県
旅行期間 2020年10月19日(月)~10月21日(水)
集合・解散 新宿西口エスティックビル前(工学院大学となり)
旅行代金 88,000円
1人部屋追加料金 お問い合わせ下さい。
同行講師 いがりまさし氏(植物写真家)
ツアーリーダー 新宿からから新宿まで同行
最少催行人数 15名
食事 朝2回、昼2回、夕2回
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
体力の目安 アップダウンが多少あるが、楽なコース。
野外滞在時間の目安 3時間以上野外で過ごす日があります。野外で必要な荷物はすべて持って歩きます。

備考 利用予定バス会社リストはこちら

 

【花の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る