【募集中】10月28日発 〈野外講座〉武蔵丘陵 森林公園 日帰り

▲センブリ(撮影=山田隆彦氏)

ツアー概要

秋の日帰り観察会は、埼玉県にある国営武蔵丘陵森林公園です。森林公園は広大な丘陵地帯に、雑木林、池沼、湿地、草地が整備されて多様な自然環境があります。貴重な動植物が生育していて、手軽に自然を感じることのできる場所として知られています。園芸の植物から野の植物まで四季折々の風景や木々、草花も季節に応じて手軽に楽しめます。秋のこの時期はガマズミ、クサギ、ツリバナの実、センニンソウの果実、センブリ、ノコンギク、ヒガンバナ、ホトトギス、リンドウ、ワレモコウなどが見られる予定です。

【行程】

10月28日(水) 東武東上線 森林公園駅10時00分頃集合予定。

路線バスで森林公園に移動。森林公園内では自然探勝路などで植物観察を楽しみます。

森林公園から路線バスで森林公園駅へ。

東武東上線森林公園駅16時00分頃解散予定。

 

エリア 埼玉県
旅行期間 10月28日(水) 日帰り
集合・解散 東武東上線 森林公園駅
旅行代金 5,000円
1人部屋追加料金
同行講師 山田隆彦氏(日本植物友の会副会長)
ツアーリーダー 森林公園駅から森林公園駅まで同行
最少催行人数 15名
食事 なし
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
体力の目安 最も楽なコース。アップダウンが少ない道を歩く。
野外滞在時間の目安 半日程度。水や雨具などを持って歩きます。

備考 利用予定バス会社リストはこちら

特にありません。

【花の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る