『花の観察会』7月15日(木)発 雨竜沼湿原と姿見高原 北国の植物の生態 3日間

▲姿見高原のお花畑(撮影=天野和彦)

ツアー概要

植物生態学者、多田多恵子先生の北海道の花シリーズ。今年は花の湿原・雨竜沼湿原と大雪山山麓の花の高原・姿見高原で北海道の植物の生態を楽しみます。ミズバショウ、エゾカンゾウ、チングルマ、エゾコザクラ、エゾツガザクラ、アオノツガザクラ、ウラジロナナカマド、エゾノリュウキンカ、コマクサ、メアカンキンバイなどが一面に咲くお花畑は北海道ならではです。

『花の観察会』についてのお問い合わせはアルパインツアーサービス(株) 日本の山事業部へ。ツアーのお申し込みはアルパインツアーのホームページからWEB予約が可能です。「ツアーの詳細はこちら」をクリックしてください。

日本の山専用ダイヤル                                   TEL:050-8881-3815                             FAX:050-3457-9125                             e-mail:kokunai@alpine-tour.com

【花の観察会】WEB予約ページはこちら

【行程】

7月15日(木) 羽田空港8時00分頃集合予定。

羽田空港発、航空便で新千歳空港へ。

札幌郊外などで植物観察を楽しみながら、専用車で滝川へ。

(夕) 滝川泊

7月16日(金) 専用車で雨竜沼湿原の登山口へ。標高差約250mを登り雨竜沼湿原入り口へ。

よく整備された木道を辿り雨竜沼湿原で植物観察を楽しみます。

雨竜沼湿原の登山口へ下山後、専用車で旭岳温泉へ。

(朝・昼・夕) 旭岳温泉泊

7月17日(土) ロープウェイで姿見高原へ。大雪山山麓の姿見高原や旭岳温泉周辺で高山植物の観察を楽しみます。その後、専用車で旭川空港へ。

旭川空港発、航空機で羽田空港へ。

羽田空港21時15分頃着予定。着後、解散。

(朝・昼)

 

エリア 北海道
旅行期間 2021年7月15日(木)~7月17日(土)
集合・解散 羽田空港
旅行代金 166,000円
1人部屋追加料金 お問い合わせ下さい。
同行講師 多田多恵子氏(植物生態学者)
ツアーリーダー 羽田空港からから羽田空港まで同行
最少催行人数 10名
食事 朝2回、昼0回、夕2回
催行状況 募集中
体力の目安 標高差250mの登山道の登り下りがあります。ザック、雨具、防寒具、軽登山靴などの登山装備が必要です。
野外滞在時間の目安 雨竜沼湿原では終日屋外での行動になります。

備考 利用予定バス会社リストはこちら

 

【花の観察会】WEB予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る