【好調】7/18発 東チベット 最美麗種と4種の青いケシ 5日間

チベットに新しい青いケシを確かめに行きませんか

ツアー概要

チベットのセイタカダイオウを見るツアーは、おかげさまでこのところ毎年出発しています。ヒマラヤといえば思い浮かぶ青いケシ、セイタカダイオウ、ボンボリトウヒレンが3点セットで、テントに泊まらず、あまり歩かずに見られるのですから、お得なツアーといえるでしょう。しかし、チベットはそれだけではありません。季節に応じた花々がとても豊かなところです。
2018年、青いケシに熱心なハンさんが、新しい青いケシがあるよと教えてくれました。今までの観察地域に近いところで、確かに違う種類です。実際、セイタカダイオウツアーで訪れた時にも見ることができ、メコノプシス・インペディタとわかりました。しかし、個体数が少なく、咲き終わりに近い株もあり、もっとよく見るためにこのツアーを企画しました。現地のセイタカダイオウツアーではほかにも咲き終わりに近い青いケシがあり、もっときれいな状況で見たいというご要望もかなえることができそうです。
じつは今年は9月になってもメコノプシス・バイレイのきれいな花が観察できたといいます。まだまだ私たちの知らないチベットがあります。初めての方も、2回目以降の方もぜひご参加ください。

小さくてとげのないメコノプシス・インペディタ

「黄色い」青いケシの仲間 メコノプシス・プセウドインテグリフォリア

地生ランのポネオルキス・クスア

レウム・ノビレツアーよりきれいな花が期待できるメコノプシス・スペキオサ

国名 中国
旅行期間 2019年7月18日(木)~7月22日(月)
旅行代金 353,000円(東京発着)
1人部屋追加料金 30,000円
同行講師 松本聡子(当社スタッフ)
最少催行人員 7人
食事 全食事付き(朝食4回・昼食3回・夕食4回)昼食は原則としてボックスランチになります。
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
参加者が10人以上になった場合、旅行代金を割り引いて343,000円とさせていただきます。
燃油サーチャージ(合計約9,000円:2018年10月15日現在)が別途必要です。今後変更になる場合は旅行代金ご請求のさいにご案内いたします。
他空港発着の設定はありません。

スケジュール

日次 スケジュール
1 夕方、東京発(飛行機)→中国経由便または中国乗換え便で成都に向かいます。午後、(飛行機)→成都着。宿で翌日に備えます。【成都泊】
2 早朝、成都発(飛行機)→東チベットの玄関口、林芝の空港へ。午前、(飛行機)→パーイー(八一鎮。標高2,940m)着。午後、昼食後、(バス)→さっそく秘密の峠方面に青いケシのバイレイや黄色いサクラソウを見ながら、高度順応に努めます。夕方、(バス)→宿へ。【パーイー泊】
3 終日、(バス)→ルーランへ。ランもサクラソウもメコノプシス・バイレイも新鮮な花で、セイタカダイオウツアーとはまた違った花を期待します。【パーイー泊】
4 終日、(バス)→峠の周辺で青いケシ三昧の一日。この旅の目的のメコノプシス・インペディタのほか、スペキオサと黄色いプセウドインテグリフォリア、ひょっとすると6種目のシンプリキフォリアも咲き残っているかもしれません。【パーイー泊】
5 朝、パーイー発(飛行機)→中国乗換え便で日本へ。夜、(飛行機)→東京着。解散。

備考

現地及び航空会社等の都合によりスケジュールが変更になる場合がありますのでご了承ください。
学習研究社発行「世界のワイルドフラワー」第2巻をご参照ください。
ビザ:不要。
パスポート残存期間:中国入国時6ヵ月以上/空白の査証欄が2ページ以上。
ツアーリーダー:講師が兼任します。現地観光ガイドが同行します。
日本発着利用航空会社:中国国際航空、全日本空輸、または中国東方航空。
標高3,000メートル以上の高所が目的地に含まれ、高度障害が起こる可能性があります。「高所ツアーへのご参加にあたって」をご覧ください。

ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る