【新ツアー】2020/9/27発 スマトラ島とジャワ島西部 バードウォッチング 9日間

新しい定番ツアー 似たようで異なるスマトラとジャワの鳥たちと、珍鳥ハジロモリガモも!

ツアー概要

一昨年に初めて実施したインドネシアのジャワ島の西端とスマトラ島の南端に的を絞ったツアーは、多くのお客様からお問い合せ、お申込みをいただいた人気ツアーでしたが、6日間という短い日程では忙しくて十分に観察ができなかったため、昨年はジャワ島、スマトラ島でのそれぞれの滞在を増やし、余裕のあるスケジュールに改良した新コースとなり、さらなるご好評をいただきました。今回は、微妙な改良は加えましたが、昨年のコースを踏襲した、新しい定番ツアーです。
このツアーで訪れるジャワ島とスマトラ島は、もっとも近いところではわずか25kmしか離れていないのに、見られる鳥の様子は大きく異なります。

首都ジャカルタからスマトラ島南東端のバンダルランプンまで国内線で飛んだあとは、車で2時間ほど移動してワイカンバス国立公園まで向かいます。ここは伐採をまぬがれた低地林と草原や湿地からなるインドネシア有数の探鳥地で、3連泊するエコロッジは公園のすぐそばにあります。この国立公園は、絶滅が危惧されているスンダエンビコウやハジロモリガモといった稀少な鳥の数少ない生息地となっています。そして、この国立公園の名を有名にしているのが、フクロウ類、ガマグチヨタカ類、ヨタカ類といった夜行性の鳥で、これらの観察に向いた場所として知られています。

ジャワ島では、シシガシラゴシキドリなどの生息地となっているチボダス植物園、グデ山などを訪れて、ジャワクマタカ、キノドキヌバネドリ、ジャワエナガ、アカボシヒヨドリなどのジャワ島の山地のみに生息する固有種たちを探します。

奇妙な姿のオオガマグチヨタカ 体長40cmにもなる大型種です

スマトラ島ワイカンバス国立公園は稀少なハジロモリガモの数少ない生息地です

■出現が予想される鳥たち

ハジロモリガモ、ジャワクマタカ、ジャワクロエリシロチドリ、ベニガシラヒメアオバト、アカチャコノハズク、オオガマグチヨタカ、シロアゴヨタカ、キノドキヌバネドリ、ジャワショウビン、ヒメアオカワセミ、シシガシラゴシキドリ、キムネサトウチョウ、アズキヒロハシ、キマユシマヤイロチョウ、シロハラモリチメドリ、等。

国名 インドネシア
旅行期間 2020年9月27日(日)~10月5日(月)
旅行代金 475,000円(東京発着)
1人部屋追加料金 59,000円
同行講師 長野時彦 (専任講師)
最少催行人員 7人
食事 全食事付き(朝食8回・昼食8回・夕食9回)昼食は原則としてボックスランチになります。
催行状況 最新の催行状況はこちらをご覧ください
参加者が10人以上になった場合、旅行代金を割り引いて455,000円(東京)とさせていただきます。
燃油サーチャージ(合計約5,000円:2020年5月15日現在)が別途必要です。今後変更になる場合は旅行代金ご請求のさいにご案内いたします。
大阪空港発着も設定があります。ただし旅行代金等が変わります。お問い合せください。

スケジュール

日次 スケジュール
1 午前、東京発(飛行機)→ジャワ島のジャカルタへ。夕方、(バス)→ジャカルタ着。【ジャカルタ泊】
2 朝、ジャカルタ発(飛行機)→スマトラの島のバンダルランプンへ。(バス)→すぐに北のワイカンバス国立公園まで移動して、午後、ワイカンバス国立公園でバードウォッチング。【ワイカンバス泊】
3 終日、ワイカンバス国立公園でバードウォッチング。ここは珍鳥ハジロモリガモの数少ない生息地であるとともに、オオガマグチヨタカやアカチャコノハズクなど、夜行性の鳥の多さでも有名なところです。【ワイカンバス泊】
4 終日、ワイカンバス国立公園でバードウォッチング。低地林や草原、湿地などでスンダエンビコウなどの水鳥からアカエリキヌバネドリまで、スマトラ島の低地の鳥を探します。【ワイカンバス泊】
5 早朝、ワイカンバス発(バス)→バンダルランプン(飛行機)→ジャカルタ(バス)→南の高原地帯のチボダスへ。午後、(バス)→チボダス着。ホテルにチェックイン後、ナイトウォッチングへ。【チボダス泊】
6 終日、(バス)→チボダス植物園や周辺でジャワショウビン、ジャワエナガ、ズグロゴジュウカラなどを探します。【チボダス泊】
7 終日、グデ山でバードウォッチング。キノドキヌバネドリやジャワクマタカなど、ジャワ島の山地性の固有種を中心に探します。【チボダス泊】
8 早朝、(バス)→ジャカルタへ。午前、(船)→ジャカルタ郊外のマングローブ林で、ジャワバンケンやソデグロムクドリなどを探し、船上からシロトキコウやアジサシ類などの水鳥を観察します。夜、ジャカルタ発(飛行機)→日本へ。【機内泊】
9 午前、(飛行機)→東京着。解散。

備考

現地及び航空会社等の都合によりスケジュールが変更になる場合がありますのでご了承ください。
ビザ:不要。
パスポート残存期間:インドネシア入国時6ヵ月以上/空白の査証欄が連続3ページ以上。
ツアーリーダー:講師が兼任します。現地バードガイドが同行します。
日本発着利用航空会社:ガルーダ・インドネシア航空、全日本空輸、または日本航空。

ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る