【ツアー紹介】2021年5月7日発 九州最西端の渡り 春の 五島列島福江島 3日間

15名様限定!週末利用&2泊ともシングル部屋利用 バス席お一人様2席利用

渡りの遅いアカアシチョウゲンボウ、コウライウグイス、オウチュウなどに期待する新コース!ここ数年はマミジロツメナガセキレイ、マミジロタヒバリ、ムネアカタヒバリ、キマユホオジロ、シベリアアオジ、アカガシラサギ、カラシラサギなどが記録されています。2019年6月にオープンした新しいホテルに連泊します。

ツアー概要

長崎県五島列島の福江島は、日本国内に渡ってくるほとんどのハチクマが通過する渡りの島として知られ、秋のハチクマの観察のコースとして定番化しています。ここ数年はハイイロオウチュウやアサクラサンショウクイといった珍鳥も現れているのですが、春の渡りの時期もさまざまな珍鳥がやってきていることから、新たに春の渡り期にもツアーを企画することにしました。

環境的には水田や畑地、公園といった渡り鳥を観察するのに良好な環境が揃い、ここ数年は特にマミジロツメナガセキレイ、マミジロタヒバリ、ムネアカタヒバリ、キマユホオジロ、シベリアアオジ、オウチュウ、アカアシチョウゲンボウ、アカガシラサギ、カラシラサギ、ムラサキサギなどが観察され、過去には、シマアオジ、シマノジコといった西日本の渡りの島らしい種も記録されています。

今回のツアーの時期はアカアシチョウゲンボウ、コウライウグイス、オウチュウのような5月の連休後に出現することが多い珍鳥たちに期待しています。

大きな島ですが、それぞれの探鳥地まではバスでアクセスできるため効率的に探鳥をすることができ、宿泊は2019年にオープンしたホテルにシングル部屋利用でお泊りいただきます。新たな探鳥地だけに何が出るかわからない未知数な部分もありますが、何が見られてもおかしくない島です。

■期待できる鳥たち

カラスバト、アカガシラサギ、ムラサキサギ、チュウジシギ、アカアシシギ、ブッポウソウ、アカアシチョウゲンボウ、サンショウクイ、コウライウグイス、オウチュウ、アカモズ、ムジセッカ、コムシクイ、ギンムクドリ、コムクドリ、ツメナガセキレイ、マミジロタヒバリなど

■撮影をご希望の皆様へ

手持ち撮影機材、三脚+超望遠レンズ共にご使用いただけますが、当日の状況によりご案内します。

エリア 長崎県
旅行期間 2021年5月7日(金)~9日(日)
旅行代金 148,000円(東京発着)/103,000円(福江島発着)
基本設定 1名1室  シングル部屋利用!
同行ガイド 波多野邦彦氏
最少催行人数 8名
食事 朝0回・昼2回・夕2回   朝食はコンビニ等で各自ご購入いただきます
催行状況 最新の催行状況はこちら

スケジュール

日次 スケジュール
羽田空港9時30分集合予定
五島福江空港13時30分頃集合予定
1 朝 羽田空港発→(飛行機)→ 福岡空港 →  五島福江空港着 福江島内で探鳥。 探鳥後ホテルへ  五島市内泊
2 終日 福江島内で探鳥  五島市内泊
3 朝 福江島内で探鳥 夕方 空港へ。五島福江空港発→(飛行機)→ 福岡空港発→(飛行機)→ 羽田空港着
五島福江空港17時30分頃解散予定
羽田空港21時40分頃到着予定

備考 利用予定バス会社リストはこちら

【鳥の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る