【ツアー紹介】 2021年8月20日発 夏休みに行く!東京~小笠原父島航路 3日間

10名様限定!週末利用&2等寝台利用 3日間で小笠原の海鳥が楽しめる恒例企画。

過去、オガサワラヒメミズナギドリ、アオツラカツオドリ、セグロミズナギドリ、小笠原海鳥基本5種を観察。アカオネッタイチョウ、カワリシロハラミズナギドリ、オオシロハラミズナギドリ、アカアシカツオドリにも期待。父島到着後はカツオドリの親子などを探す2時間ほどのクルーズに乗船。

(写真:オガサワラヒメミズナギドリ 撮影:早川弘美様)

ツアー概要

小笠原への旅は通常5泊6日のサイクルですが、3日間で往復できる期間のしかも週末利用でツアーを企画しました。コロナウイルス感染拡大の影響からなかなか行くことが叶わない小笠原ですが、この機会に魅力的な小笠原の海鳥たちをぜひお楽しみください。

この時期は海鳥観察という点では必ずしもベストシーズンではありませんが、幻の海鳥と称されるオガサワラヒメミズナギドリの観察例が多く、過去、アオツラカツオドリ、セグロミズナギドリも観察。おなじみの小笠原海鳥基本5種、シロハラミズナギドリ、オナガミズナギドリ、アナドリ、カツオドリ、クロアジサシをベースにアカオネッタイチョウ、カワリシロハラミズナギドリ、オオシロハラミズナギドリ、アカアシカツオドリなどにも期待します。瞬間的であることが多い海鳥との出会いのチャンスを逃さないよう、今回もトラベルイヤホンを駆使して海鳥の出現状況をデッキ上の全員でリアルタイムで共有しながら観察します。

なお、父島到着後は基本的には自由行動ですが、父島にはこれといった鳥が生息していないため2時間ほどのクルーズを企画し、主に南島周辺を航行しながらカツオドリの親子やクロアジサシなどを観察します。航路上では飛翔するカツオドリは見られますが、岩礁に止まっている姿を観察、撮影する機会はないためクルーズはおすすめです。

観察は双眼鏡が中心ですが、海況によっては望遠鏡もご使用いただけます。長時間の観察となりますから、折りたたみイスがあると便利です。また船体の動揺に関しましては事前に把握することはできません。天気予報などをご覧いただきご判断くださいますようお願いいたします。なお、父島滞在中は観察マナー順守にご協力ください。

【PCR検査へのご協力のお願い】
検査は任意ではございますが、島内へのウイルス流入阻止や安心してご旅行をするためにも是非ご協力ください。
ご来島前のPCR検査の受診については二通りの方法がございます。
1
.竹芝桟橋への検査キット持込による検査受診
2
.小笠原海運への検査キット返送による検査受診
下記現行のPCR検査についてご確認いただき、どちらの方法で検査の受診をご希望されるかお選びください。


~1.竹芝桟橋への検査キット持込による検査受診/無料~
 ①PCR検査を希望されるお客様へ事前に検査キットを郵送(小笠原海運からお客様へ郵送)
 東京出港の前々日の午後(13:0017:00)または東京出港前日の午前(8:3011:00)
  お客様自身で竹芝客船ターミナルにお越し頂き、検体をご提出頂く。
 詳細は下記ご確認くださいませ。
 ・東京都発表:https://www.soumu.metro.tokyo.lg.jp/05gyousei/press/R20824_ogasawara_press_1.pdf
 ・小笠原海運発表:https://www.ogasawarakaiun.co.jp/info/?p=9851
 ※PCR検査等については今後変更等が生じる可能性がございます。予めご了承ください。
 上記竹芝桟橋へ検査キットをお持ちいただく場合のPCR検査は無料でお受け頂けます。
  (ただし、前日までの検体提出に必要な交通費等の移動費用はお客様のご負担となります)
 検査キットの郵送に係る手続きの関係上、ご出発日の2週間以内のお申込みの場合は
  郵送が間に合いませんので検査をお受けいただくことはできません。

2.小笠原海運への検査キット返送による検査受診~
遠方にお住まいで竹芝桟橋へのキットの持ち込みが出来ないという場合には検体採取後のキットの返送も可能です。
もし返送を希望される場合は弊社での正式なご旅行手配完了後、返送用キットによる検査をご希望される旨の連絡を入れていただきます。
 返送受付をご利用頂く場合の流れ
  検体用梱包資材(専用ボックスと専用パウチ等)を当社より着払いで発送させて頂きます。
  また返送頂く際は元払いとなり、梱包資材代金を含め有料となります。現行の竹芝客船ターミナルでの検体提出方法同様、 検査費用は無料です。
 返送にまつわる事務手数料(梱包資材・代引き手数料 等)・・・3,000/人(税込み)
 返送用梱包資材の発送代金(着払いで小笠原海運より発送となります)・・・金額はお住まいの地域によって変わります
 検体の発送代金(同封の元払い伝票にて発送ください)・・・金額はお住まいの地域によって変わります

返送受付をご利用頂く場合、検体到着日等細かな期限が設定されます。
  お住まいのエリアの郵便事情をご自身でお調べの上、受付期限までに到着するよう発送してください。
  沖縄・その他の離島は返送受付対象外とさせて頂きます。

返送受付期限を過ぎて到着した検体については、検査を受けらません。
  その場合、返金は致しません。
  また、お客様の都合により受検されなかった場合も同様です。予めご了承ください。

 

■期待できる鳥たち

アカオネッタイチョウ、カラスバト、クロアシアホウドリ、オオシロハラミズナギドリ、カワリシロハラミズナギドリ、シロハラミズナギドリ、オオミズナギドリ、オナガミズナギドリ、セグロミズナギドリ、オガサワラヒメミズナギドリ、アナドリ、アオツラカツオドリ、アカアシカツオドリ、カツオドリ、クロアジサシなど

■撮影をご希望の皆様へ

定点観察のため、手持ち撮影機材、三脚+超望遠レンズ共にご使用いただけます。当日の海況によりご判断ください。なお、クルーズでは手持ち観察、撮影機材があると良いでしょう。

カツオドリの親子 (南島クルーズにて)

 

エリア 東京都
旅行期間 2021年8月20日(金)~25日(日)
旅行代金 118,000円(東京竹芝桟橋発着)(2等寝台利用)
基本設定 2等寝台利用
同行ガイド 石田光史
最少催行人数 8名
食事 なし
催行状況 最新の催行状況はこちら

スケジュール

日次 スケジュール
東京竹芝桟橋10時集合予定
1 東京竹芝桟橋発→(新おがさわら丸)→ 航路にて探鳥 → 船中泊
2 航路にて探鳥。父島着。約2時間のクルーズ乗船。再度新おがさわら丸に乗船。父島発 → 船中泊
3 航路にて探鳥。東京竹芝桟橋着
東京竹芝桟橋着15時30分到着予定

備考

【鳥の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る