【ツアー紹介】2022年3月18日発 大洗航路で行く!十勝のガン類と北海道の小鳥たち 5日間

*新型コロナウイルス対応として乗船前に体温検査を実施いたします。

21名様限定 週末利用&バス席お一人様2席利用! 航路探鳥ではトラベルイヤホン使用!

今回は3連休特別プラン。ウミスズメ類やアホウドリ類が見られる大洗苫小牧航路に、道内ではシマエナガ、ハシブトガラ、シロハラゴジュウカラ、ミヤマカケス、イスカ、ベニヒワなどを探し、十勝平野ではハクガンの大群に期待。

(写真:ハクガンの群れ)

ツアー概要

ウミスズメ類やアホウドリ類、トウゾクカモメなどが楽しめる3月の大洗苫小牧航路に道内探鳥を加えた恒例のツアーですが、今年は3連休に合わせて苫小牧周辺での探鳥に十勝平野のガン類観察を加えました。

この時期の大洗~苫小牧航路はウミスズメ類観察のピークで、ウミスズメ、ハシブトウミガラス、ウトウが数多く見られ、アホウドリ類3種やトウゾクカモメ、ミツユビカモメなども見られますが、ここ数年はエトロフウミスズメの大群、そしてコウミスズメがほぼ見られなくなってしまったため大洗~苫小牧航路ツアーは断念し道内探鳥をメインにしたコースに組み替えました。

道内では今回は3連休のため苫小牧周辺での探鳥に十勝平野を加えました。この時期は本州で越冬していたガン類の北帰行の時期で、ハクガン、シジュウカラガン、ヒシクイ、マガンが羽を休めに訪れます。特に年々数を増やしているハクガンの大群に出会えればと期待しています。翌日は苫小牧周辺および鵡川河口をめぐり、おなじみのシマエナガ、ハシブトガラ、シロハラゴジュウカラ、ミヤマカケスを中心に、オオワシ、オジロワシ、クマゲラ、ヤマゲラ、カササギ、鵡川河口ではシノリガモ、ホオジロガモ、シロカモメ、ワシカモメ、クロガモ、コミミズク、ハイイロチュウヒなどを探し、昨年、イスカに出会った場所も訪れます。ただし、浦幌町での観察状況によって苫小牧周辺での探鳥地をいくつか削る場合がありますのであらかじめご了承ください。

今回は全行程で厳しい寒さが予想されますのでしっかりとした防寒装備でお出かけ下さい。撮影機材は全行程を通して大型撮影機材のご使用可能ですが、航路では当日の波の状況でご判断ください。

★過去のツアー報告(4日間コースのツアー報告です)

2020年3月19日~22日

2019年3月7日~10日

2017年3月9日~12日

2016年3月10日~13日

■期待できる鳥たち

ヒシクイ、ハクガン、シジュウカラガン、クロガモ、シロエリオオハム、アホウドリ、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、フルマカモメ、ミツユビカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、トウゾクカモメ、ハシブトウミガラス、ウミスズメ、エトロフウミスズメ、コウミスズメ、ウトウ、オジロワシ、オオワシ、ハイイロチュウヒ、コミミズク、アカゲラ、ヤマゲラ、カササギ、ミヤマカケス、キクイタダキ、ハシブトガラ、シマエナガ、シロハラゴジュウカラ、ツメナガホオジロ、ユキホオジロなど

■撮影をご希望の皆様へ

手持ち撮影機材、三脚+超望遠レンズ共にご使用いただけますが、当日の状況によりご案内します。

エリア 北海道
旅行期間 2022年3月18日(金)~22日(火)
旅行代金 78,000円 大洗フェリーターナル発着

80,000円 大洗フェリーターナル発着・2名様部屋ご利用(船内泊を除く2泊)
お連れ様にてお申し込みください

84,000円 大洗フェリーターナル発着・1名様部屋ご利用(船内泊を除く2泊)

基本設定 船内= 3~4名1室、苫小牧= 2名1室、十勝川温泉=3~4名1室
同行ガイド 石田光史
最少催行人数 12名
食事 朝2回・昼2回・夕2回
催行状況 最新の催行状況はこちら

スケジュール

日次 スケジュール
大洗フェリーターミナル22時30分集合予定
1 深夜 大洗フェリーターミナル発 船中泊
2 終日 航路で探鳥。 夜 苫小牧フェリーターミナル着 ホテルへ 苫小牧泊
3 ホテル発→(バス)→浦幌町にて探鳥 → ホテル 十勝川温泉泊
4 ホテル発→(バス)→苫小牧市内、鵡川河口で探鳥。 夜 苫小牧フェリーターミナル発  船中泊
5 終日 航路で探鳥。 夜 大洗フェリーターミナル着
大洗フェリーターミナル19時30分到着予定

備考 利用予定バス会社リストはこちら

【鳥の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る