【ツアー報告】インドネシアで出会った夜の鳥たち!

写真:

9月14日出発「ジャワ島とスマトラ島 バードウォッチング 6日間」 ツアー報告

前回ご報告した8月のスラウェシ島のあと、9月にはジャワ島とスマトラ島に出かけました。インドネシア最大の都市ジャカルタがあるジャワ島とスマトラ島は、スンダ海峡を挟んで接しており、もっとも幅の狭いところは25km、もっとも幅が広いところでも100kmと近い距離なのですが、この2つの島では観察できる鳥には大きな違いが見られます。これらの島の北にはボルネオ島がありますが、ジャワ島とボルネオ島では共通する種があまり見られない一方で、スマトラ島ではボルネオ島と共通する種が多く見られました。そして、今回のツアーの訪問地は、ガマグチヨタカ類、ヨタカ類、フクロウ類など夜行性の鳥の観察に有名な場所で、夜間のバードウォッチングも楽しみましたので、少しハードな旅となりましたが、ノドジロヨタカやオオガマグチヨタカなど、ほかの場所ではなかなか見ることのできない鳥たちと出会うことができました。今年はインドネシアへのツアーがご好評をいただいております。来年もまた、インドネシアのツアーをいろいろと企画する予定ですので、ご期待ください!

ノドジロヨタカ

関連記事

ページ上部へ戻る