【おすすめツアー】隣国タイに負けない野鳥撮影を楽しみましょう

写真:ヤマキヌバネドリ

3月1日発「マレー半島 バードフォトツアー 7日間」

東南アジアで野鳥撮影を行うのにもっとも適した国は?という問いに、タイを挙げられる方は多いことでしょう。タイでは、現地ガイドが野鳥の出現情報をピンポイントでつかんでいて、野鳥撮影に適した環境を整えている場所が多く見られます。ところが、隣国のマレーシアに行く機会を今夏に得たところ、野鳥撮影を行うにはタイに負けず、面白い場所だということを実感することができました。アカフサゴシキドリ、ゴシキソウシチョウ、アカメヒタキなど、タイでは撮影する機会がほとんど無い高原に生息する種に加え、アカコクジャクやアカチャシャコといった東南アジアのどこでも姿を確認することが難しい種までも撮影するチャンスがあるのです! 今回はそれらの鳥をしっかりと撮影するために、少人数限定としました。カタログが出てからすぐにお問合せ・お申込をいただいておりますので、まだご検討いただいている方は、お席がご用意できるうちにお申し込みください!

撮影したい鳥たち
マレーミヤマテッケイ(仮称)、アカチャシャコ、アカコクジャク、ズアカキヌバネドリ、アカフサゴシキドリ、ベニサンショウクイ、ヘキサン、ゴシキソウシチョウ、ズグロゴジュウカラ、アカメヒタキ、オオアオヒタキ、など。

■日程:2018年3月1日(木)~3月7日(水) ※10名様限定

■同行講師:田仲謙介(当社スタッフ)
■旅行代金:298,000円(東京発着) ※大阪発着もありますのでお問い合せください
ツアー詳細はこちら

アカコクジャク

コガネゲラ

関連記事

ページ上部へ戻る