【ツアー紹介】2021年6月20日発 真夏の宮古島 アカショウビンとアジサシ類 4日間

7名様限定 シークレットクルーズもお楽しみに!
水場では人気のリュウキュウアカショウビン、リュウキュウサンコウチョウ、オオクイナ、ほかにもキンバト、ミフウズラ、ツバメチドリ、エリグロアジサシ、ベニアジサシ、夜はリュウキュウコノハズク、さらにシークレットクルーズではアジサシ類の乱舞を観察。

(写真:リュウキュウアカショウビン)

ツアー概要

毎年大人気の少人数限定の真夏の宮古島の野鳥たちを撮り尽くすツアー。次々に野鳥たちが訪れる水場で、人気のあるリュウキュウアカショウビンとリュウキュウサンコウチョウを存分に撮影し、オオクイナも毎年撮影しています。また、キンバトが繁殖している公園、ムラサキサギが繁殖している湿地、農耕地のミフウズラやツバメチドリの観察ポイントなどもじっくりと廻ります。さらに、漁港や岩礁ではエリグロアジサシの親子やベニアジサシも見られ、夜のナイトハイクではリュウキュウコノハズク、リュウキュウアオバズクを至近距離でじっくりと観察します。
好評のシークレットクルーズではアジサシ類が繁殖する岩礁に接近し、数百羽のクロアジサシが乱舞する中、マミジロアジサシ、セグロアジサシ、オオアジサシ、カツオドリなどが見られ、昨年はヒメクロアジサシが至近距離を飛びました。
夏の沖縄は日差しが強いため、帽子、日焼け止めなどお持ちください。シークレットクルーズ時は状況によっては波を被る場合もありますので、濡れてもいい服装(Tシャツ、短パンなど)や海水対策としてカメラ等の防水をお願いいたします。また、水場では定点観察ですので折りたたみイスと虫除けスプレーを必ずお持ち下さい。水場は暗いので撮影の方は三脚が必要です。

過去のツアー報告

2019年6月27日~30日

2019年6月23日~26日

2018年6月29日~7月2日

2018年6月25日~28日

2017年6月28日~7月1日

2016年7月3日~6日

2015年6月30日~7月3日

 

■期待できる鳥たち

カラスバト、キンバト、ムラサキサギ、ズグロミゾゴイ、オオクイナ、シロハラクイナ、ミフウズラ、ツバメチドリ、クロアジサシ、マミジロアジサシ、ベニアジサシ、エリグロアジサシ、オオアジサシ、リュウキュウコノハズク、リュウキュウアオバズク、リュウキュウアカショウビン、リュウキュウサンコウチョウ、リュウキュウキビタキ、など

■撮影をご希望の皆様へ

手持ち撮影機材をお持ちください。当日の状況によりご案内いたします。

 

エリア 沖縄県
旅行期間 2021年6月20日(日)~23日(水)
旅行代金 198,000円(東京発着・2名様1室)

201,000円(東京発着・1名様1室)

158,000円(宮古島空港発着・2名様1室)

161,000円(宮古島空港発着・1名様1室)

基本設定 2人1室
同行バードガイド 宮島 仁氏、田仲謙介
最少催行人数 6名
食事 朝0回・昼0回・夕3回
催行状況 最新の催行状況はこちら

スケジュール

日次 スケジュール
羽田空港10時50分集合予定
宮古島空港15時00分集合予定
1 朝 羽田空港 →(飛行機)→ 宮古島空港着。 島内探鳥 探鳥後ホテルへ 宮古島泊
2 終日 宮古島内で探鳥。宮古島泊
3 終日 宮古島内で探鳥。(シークレットクルーズ乗船) 宮古島泊
午前 宮古島内で探鳥。午後 空港へ。宮古空港発→(飛行機)→ 羽田空港
宮古島空港14時45分頃到着予定 解散
羽田空港18時30分頃到着予定 解散

備考 利用予定バス会社リストはこちら

【鳥の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る