【おすすめツアー】日本の冬を抜け出して、温かい国でフラワーウォッチング おすすめ3コース!

写真:ルピナス・ピロサ(イスラエル)

いよいよ寒さも本番。こんなときは東南アジアや温暖な地域に出かけませんか。定番で近場で穴場のタイのランツアー、シンガポールは野外と室内、植物園も見る充実の旅ですし、地中海沿岸から砂漠や死海まで、世界遺産にも行く花の王国イスラエルも見逃せません。いずれも快調な滑り出し!


イロモドリノキとカニクイザル

【自然保護区と2つの植物園をめぐるシンガポール熱帯植物観察入門ツアー 4日間】

国が小さい分、コンパクトに見て回ることができ、さすがはガーデンシティ、とにかくすべてが温室の中のような場所です。マングローブ、熱帯雨林、2次林、植物園とテーマパークで効率よく観察。こまめに楽しもうとすれば可能性がどんどん広がります。日本からツアーリーダーが同行して安心。

■日程:2018年2月24日(土)~2月27日(火)
■現地講師 宮下ひとみ氏(スペシャリストガイド)/ツアーリーダー同行
■旅行代金:254,000円(東京発着)
ツアー詳細は、こちら


デンドロビウム・ファルメリ

【タイ ランウォッチング 6日間】

東南アジアで、安定した魅力のランツアー。デンドロビウムとシャクナゲが華やかなだけでも嬉しいのに、さらにパフィオペディルム・ヴィロースムも見る、よくばりな季節です。果物やペッチさんの案内も評判です。

■日程:2018年2月28日(水)~3月5日(月)
■現地ボタニカルガイド ペッチ・トリペッチ氏(ラン愛好家)/ツアーリーダー同行
■旅行代金:338,000円(東京発着) ※大阪・名古屋・福岡・札幌発着も設定があります
ツアー詳細は、こちら


特産のシックなアイリスの数々

【イスラエル フラワーウォッチング 9日間】

砂漠から地中海性気候の山地まで、移動も歩きも少ないわりに種類がたくさん。アフリカと地中海、アジアに接することも、この花の王国の一因です。イスラエルに行くと他の周辺国に入れなくなるのではと心配の声をいただきますが、入国スタンプを押されなければ問題ありません。お見逃しなく!

■日程:2018年3月3日(土)~3月11日(日)

■同行講師:松本聡子(当社スタッフ)

■旅行代金:498,000円(東京発着)※大阪・名古屋・福岡発着も設定があります
ツアー詳細は、こちら

関連記事

ページ上部へ戻る