【ツアー紹介】2021年4月26日発 春の渡り鳥を求めて 新潟県・粟島 3日間

6名様限定 訪問地に配慮した少人数ツアー

現地の探鳥地に考慮し、6名様限定で行く渡り鳥の島

(写真:マミジロキビタキ)

ツアー概要

春は繁殖のために北上する渡り鳥が日本付近を通過する季節のため、日本海側に点在する離島は重要な中継点となり、特に天候が荒れた時などには渡り途中の鳥が羽を休めるために立ち寄り一気に賑やかになります。その一方で、天気の良い日が続くと渡り鳥たちの姿がほとんど見られない状態になってしまうため、渡り期の離島での観察は運次第といった感があります。ただ、出かけなければ見られないのも事実で、ここ数年の春のツアーでは、マミジロキビタキ、シロハラホオジロ、キマユホオジロ、キマユムシクイ、ギンムクドリ、マミチャジナイ、ミゾゴイ、シベリアアオジ、マミジロといった野鳥たちに出会うことができました。過去にはツメナガセキレイ、ヨーロッパビンズイ、アカマシコ、コホオアカといった本土ではあまり観察する機会の無い種も観察することができているため楽しみは尽きません。

このツアーでは島の探鳥地までのアクセスが良い漁師宿に宿泊しますので、夕食には日本海の新鮮な海の幸を使ったお料理をお楽しみ頂け、粟島の郷土料理である「わっぱ煮」もご賞味いただけます。また離島には珍しく有料の公衆温泉があるためご希望のお客様をご案内いたします。島内の探鳥地は畑地が中心で道が狭く、大人数での探鳥はトラブルの原因になるため6名様限定としています。宿から離れた探鳥地は専用車を利用しますが、到着後は徒歩のため1日5km程度歩きます。必要なものをリュックに入れて持ち運べるようご準備ください。

■過去のツアー報告

2019年5月5日~7日

2019年5月2日~4日

2018年5月6日~8日

2016年5月6日~8日

2015年4月25日~27日

■期待できる鳥たち

ツツドリ、ツミ、ヤツガシラ、サンショウクイ、ムジセッカ、キマユムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、ギンムクドリ、コムクドリ、ホシムクドリ、カラアカハラ、クロツグミ、マミチャジナイ、マミジロキビタキ、ムギマキ、オジロビタキ、ニュウナイスズメ、ツメナガセキレイ、マミジロタヒバリ、ヨーロッパビンズイ、ムネアカタヒバリ、ベニヒワ、シロハラホオジロ、コホオアカ、キマユホオジロなど

■撮影をご希望の皆様へ

一日5 km 以上、歩きながらの探鳥となりますので、手持ち撮影機材が良いでしょう。大型三脚は移動車に入れるスペースが限られているのでご遠慮ください。

エリア 新潟県
旅行期間 2021年4月26日(月)~ 28日(水)
旅行代金 98,000円(東京駅発着)/76,000円(村上駅発着)
基本設定 3~4名1室
1人部屋追加料金 個室のご希望はお受けできません
2人部屋追加料金 個室のご希望はお受けできません
同行ガイド 田仲謙介
最少催行人数 5名
食事 朝2回・昼2回・夕2回
催行状況 最新の催行状況はこちら

スケジュール

日次 スケジュール
JR東京駅集合時刻は粟島へのフェリー時刻確定後にお知らせします
JR村上駅集合時刻は粟島へのフェリー時刻確定後にお知らせします
1 朝 東京駅発→(列車)→新潟駅→(列車)→村上駅へ 午後 約1時間のフェリーで粟島へ  粟島泊
2 終日 粟島で探鳥  粟島泊
3 午前 粟島で探鳥 午後 粟島発→(フェリー)→村上駅発→(列車)→新潟駅発→(列車)→東京駅着
JR村上駅到着時刻は粟島からのフェリー時刻確定後にお知らせします
JR東京駅到着時刻は粟島からのフェリー時刻確定後にお知らせします

備考

上野駅、大宮駅発着も可能です

【鳥の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る