【ツアー紹介】2023年1月7日発・8日発・9日発 冬の琵琶湖で1日60種観察にトライ! 米原発着日帰りバスツアー

各日13名様限定! バス席お一人様2席利用! 米原駅集合解散 集合10:00です。

前回はオオワシ、トモエガモ、タゲリ、ケリ、ホシムクドリなど63種を観察。過去にはヘラサギ、アカハシハジロ、アカハジロ、サカツラガン、ハクガンなどの記録もある探鳥地です。

(写真:オオワシ 撮影:箕輪篤子様)

ツアー概要

毎冬恒例となっている水鳥の宝庫、琵琶湖をめぐる日帰りバスツアー。前回は2度催行し、冬の琵琶湖の代名詞ともいえるオオワシをはじめ、ヒシクイ、マガン、コハクチョウ、チョウゲンボウ、イカルチドリ、トモエガモ、ヨシガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ミコアイサ、タゲリ、ケリ、アトリ、ホシムクドリなど63種、62種と2日間共に60種を超える野鳥たちに出会うことができました。

過去にはヘラサギ、アカハシハジロ、アカハジロ、サカツラガン、ハクガン、コクガン、クロヅル、ハギマシコなどの記録もあり、年ごとに見られる越冬珍鳥との出会いも楽しみです。終日湖畔での観察のため、しっかりした防寒装備を整えてご参加ください。 一か所のみ2km程度歩きます。

 

連続でのご参加も可能です。 宿泊は下記ホテルが便利です。
☆東横イン米原駅新幹線西口 https://www.toyoko-inn.com/search/detail/00250/
☆ナレッジイン https://www.knowl-inn.com/

■過去のツアー報告

2022年1月16日
2022年1月15日
2020年1月18日
2019年1月19日
2018年1月20日
2017年1月25日
2016年1月24日

■期待できる鳥たち

ヒシクイ、マガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、トモエガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ハジロカイツブリ、タゲリ、タシギ、ミサゴ、オオワシ、チュウヒ、オオタカ、ミヤマガラス、アトリ、マヒワ、ベニマシコ、シメ、オオジュリンなど

■撮影をご希望の皆様へ

手持ち撮影機材、三脚+超望遠レンズ共にご使用いただけますが、当日の状況によりご案内いたします。

ホシムクドリ 撮影:竹村章様

 

トモエガモ 撮影:坂東俊輝様

 

ベニマシコ 撮影:柳由紀子様

 

エリア 滋賀県
旅行期間 2023年1月7日(土)日帰り
2023年1月8日(日)日帰り
2023年1月9日(月・祝)日帰り
旅行代金 14,000円(米原発着)
同行ガイド 石田光史
最少催行人数 10名
食事 なし
催行状況 最新の催行状況はこちら

スケジュール

日次 スケジュール
米原駅東口10時集合予定
1 朝 米原駅前発→(バス)→琵琶湖周辺で探鳥。夕方 米原駅前へ
米原駅前18時頃到着予定 解散

備考

【鳥の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

t to convert!

関連記事

ページ上部へ戻る