【おすすめツアー】今年こそ! 今年も!! 野生の青いケシを見る8コース

写真:白いとげが美しいメコノプシス・チョンディアネンシス(雲南省ツアーで)

ヒマラヤの高みに咲く憧れの青いケシ。何度見てもその美しさに飽きることがありません。しかもネイチャリングツアーではほとんど歩かずに見られる青いケシも多いのです。今年は全部で8コース、すべて実施すれば32種の青いケシ観察ができます。スペースの関係ですべてを紹介しきれませんが、お考えの方が申し込んでくだされば、いずれも実施の可能性があります。早急にご検討のうえ、不明な点などありましたら、ご連絡ください。ツアーによっては締切が迫ってきています。そろそろ決めましょう。

ヒマラヤの植物調査の経験豊富なスペシャリストと行く

【雲南省 二つのノモカリスと新しい青いケシ分類群を訪ねて 8日間】

華やかさではトップクラスの雲南の花たち。車での移動に加えてゴンドラも駆使し、効率よく9種の青いケシとノモカリスもアツモリソウの仲間も観察します。講師はヒマラヤ植物研究会会長、といっても気さくな池田さんです。

■日程:2017年6月22日(木)~29日(木)
■同行講師:池田博さん(東京大学総合研究博物館准教授)
■旅行代金:469,000円(東京発着)
ツアー詳細はこちら

【インドアルナチャル・プラデシュ青いケシウォッチング11日間】催行決定!

テント3泊ですが、ほとんど歩きません。大きなグランディス・オリエンタリス、小さいベラ、淡い色合いで人気が出てきたシヌアタと、青いケシは7種観察予定でおすすめです。門田さんと行く貴重なチャンスをお見逃しなく。

■日程:2017年7月2日(日)~12日(水)
■同行講師:門田裕一さん(国立科学博物館名誉研究員)

■申込締切:5月2日(火)
■旅行代金::410,000円(東京発着)
ツアー詳細はこちら

草丈も花も大きい! メコノプシス・グランディス・オリエンタリス 7/2発インド


人気ナンバーワンのホリデュラ あまり歩かずに青いケシを見たい方におすすめ

【中国青海省アムネマチン山麓のメコノプシス・ホリデュラ街道 8日間】残席2

青いケシと言ったらホリデュラという方はいまだに多く、不動の一番人気です。その青い色が多くの人を惹きつけて離しません。今年は飛行機の便もよくて、すでに実施の見込みです。お早めにどうぞ。

■日程:2017年7月15日(土)~22日(土)
■同行スタッフ:鈴木純(当社スタッフ)
■旅行代金:398,000円(東京発着)
ツアー詳細はこちら


青いケシの中では宿泊標高の低いツアー チベットの食事もおいしくなりました

【チベット 最美麗種の青いケシ 6日間】催行決定

ほかの場所より大きな花のシンプリキフォリア、バイレイの澄んだ青。企画時は東チベットにようやく入れるようになったころで、初めて見たときの感激は言葉にできないほどでした。宿泊標高が低く、参加しやすいです。

■日程:2017年6月14日(水)~19日(月)
■同行スタッフ:冨山稔(当社スタッフ)
■旅行代金:388,000円(東京発着)
ツアー詳細はこちら

ほかの自生地よりも大きな花のメコノプシス・シンプリキフォリア 6/14発チベット

【チベット・カンシュンバレー 青いケシトレッキング 15日間】催行決定

大きくて独特な色合いの花の青いケシの仲間、チベチカを見るツアー。今年出発しなければ、来年以降の企画予定は当分ありませんので、お見逃しなく。

■日程:2017年7月2日(日)~16日(日)
■同行スタッフ:冨山稔(当社スタッフ)
■旅行代金:770,000円(東京発着)
ツアー詳細はこちら

今年がチャンスメコノプシス・チベチカ 7/2発チベット・カンシュンバレー


従来の青いケシのほかに1種が追加! 青いケシ以外の花もたくさん見たい

【四姑娘山麓 7種の青いケシと草原の花畑を訪ねて 7日間】お申込み増えてます

もともと観察できる種数が多いうえに、新しい青いケシを1種追加しました。さらに四川地震以来、いちばんよい道路状況なので、初めての方も二度目以降の方にも、効率よく青いケシを見に行くチャンスです。サクラソウの仲間、ランも案外多いコースです。

■日程:2017年7月1日(土)~7月7日(金)
■同行スタッフ:鈴木純(当社スタッフ。予定)
■旅行代金:325,000円(東京発着)
ツアー詳細はこちら

周辺の花もみもの メコノプシス・バランゲンシス 7/1発四姑娘山麓

うつむきがちに咲くメコノプシス・クインツプリネルビア

関連記事

ページ上部へ戻る