【ツアー紹介】《追加設定》2023年4月7日発 固有種と渡りの鳥たち 春の奄美大島 3日間

13名様限定!週末利用 & 2泊ともシングル部屋利用 & バス席お一人様2席利用

同行ガイド+現地ガイドの2名体制でご案内!アカヒゲ、ルリカケス、オーストンオオアカゲラ、オオトラツグミのほか、早朝にはアマミヤマシギにも期待。渡り期のため過去にはイワミセキレイ、マダラチュウヒ、ヤツガシラ、ギンムクドリなども観察。海岸ではシギ類も観察。

(写真:ルリカケス 撮影:宅間保隆様)

ツアー概要

魅力的な固有種、固有亜種が生息している奄美大島をベストシーズンにめぐる春恒例のツアーです。現地では奄美大島の野鳥に精通した現地ガイドも同行するため、奄美大島の自然全般についても解説可能です。ツアーでは特に人気のあるアカヒゲとルリカケス、そしてオーストンオオアカゲラ、オオトラツグミを中心に探鳥するため早朝探鳥を二回行ないます。ナイトウォッチングは予定しておりませんが、早朝探鳥に向う林道では過去、何度もアマミヤマシギに出会っていますので期待できます。

ほかにも各所でズアカアオバト、カラスバト、リュウキュウツバメが見られ、海岸ではクロサギの淡色型のほか、ホウロクシギ、セイタカシギ、オオソリハシシギ、アカアシシギ、ウズラシギ、オバシギ、サルハマシギなどのシギ類にも期待できます。また本州に生息するものとは微妙に色が違う、サンショウクイ、コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ハシブトガラスなどの亜種も見られます。

また、ちょうど春の渡り期に当たることから珍鳥にも期待でき、過去にはイワミセキレイ、マダラチュウヒ、ヤツガシラ、ギンムクドリ、カラムクドリ、マミジロタヒバリ、ムネアカタヒバリなども見られています。

各探鳥地あまり歩きませんが、森林公園では平坦な道を2km程度歩きます。日差しが強い日もありますので日焼け止めなどの暑さ対策、森林内での探鳥用に虫除けスプレーもご準備ください。

★過去のツアー報告

2022年4月8日~10日
2022年4月1日~3日
2021年4月9日~11日
2021年4月2日~4日
2019年4月12日~14日
2019年4月5日~7日
2018年4月13日~15日
2018年4月8日~10日
2017年4月10日~12日
2016年4月7日~9日
2015年4月9日~11日

■期待できる鳥たち

カラスバト、ズアカアオバト、クロサギ、アマミヤマシギ、オオソリハシシギ、ホウロクシギ、アカアシシギ、ウズラシギ、サルハマシギ、サシバ、オーストンオオアカゲラ、リュウキュウサンショウクイ、ルリカケス、リュウキュウツバメ、オオトラツグミ、アカヒゲ、ムネアカタヒバリなど

■撮影をご希望の皆様へ

手持ち撮影機材、三脚+超望遠レンズ共にご使用いただけますが、当日の状況によりご案内します。

アカヒゲ 撮影:刈田宏様

 

オオトラツグミ 撮影:仙波文裕様

 

オーストンオオアカゲラ 撮影:刈田宏様

 

ズアカアオバト 撮影:仙波文裕様

 

エリア 鹿児島県
旅行期間 2023年4月7日(金)~9日(日)
旅行代金 154,000円(東京発着)/118,000円(奄美発着)
基本設定 1名1室 シングル確約!
同行ガイド 田仲謙介 & 現地ガイドが同行します
最少催行人数 10名
食事 朝2 回・昼2 回・夕2 回
催行状況 最新の催行状況はこちら

スケジュール

日次 スケジュール
羽田空港11時20分集合予定
奄美空港15時頃集合予定
1 午前 羽田空港発→(飛行機)→奄美空港着 午後 奄美大島島内で探鳥。夕方 ホテルへ 奄美泊
2 終日 奄美大島島内で探鳥。 奄美泊
3 朝 ホテル発→(バス)→奄美大島島内で探鳥。奄美空港発→(飛行機)→ 羽田空港へ
奄美空港14時30分頃解散予定
羽田空港17時35分到着予定

備考 羽田空港、奄美空港まで/からの交通機関はお客様各自にてご手配くださいますようお願い申し上げます

利用予定バス会社リストはこちら

【鳥の観察会】ツアー仮予約ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る